日本は教育分野で何を変えていかなければいけないか

日本は教育分野で変えていかなければいけない点がいくつかあります。
深刻な問題もあるので、しっかり考えていく必要があります。
まず、教育支出についてです。
先進各国と比較して、低水準になっています。
それによって、大学の授業料が高く、奨学金を借りなければいけない人や高卒で働かざるを得ない人が出ています。
お金に困らないで勉強できる環境を作る必要があります。
日本はもっと支出を増加して、子供たちに様々な夢を持ってもらうことが大事になります。
また、日本は英語教育も変えていかなければいけません。
何故かというと、英語でコミュニケーションをとれるようになる授業をしていないからです。
単語や文法を覚えることが中心になっていて、スピーキングやリスニングの学習が不十分です。
英語の学習システムを大幅に変える事も場合によっては必要です。
小学生からやっと必修になりましたが、それだけではダメです。
これから英語は絶対に必要になるので、しっかりコミュニケーションが取れるようになる授業をしなければいけません。