日本の教育の今後を考える

教育は、子供にとって最も重要なウエイトを占めるものです。
子供の頃に、高いレベルの教育を受けるこによって、将来の職業や収入、地位などにも大きく影響を与えてくると言われています。
かつて日本では、幼い頃から勉強したり、本を読んだりする子供が多くいました。
その背景には、子供の将来を考えた親のサポートがありました。
その頃の日本は、経済的に豊かであり、多くの女性が専業主婦として家族を支えていました。
そのため、子供に対しても協力的であり、勉強できる環境づくりをしてきました。
しかし近年になると、日本は20年にもわたるデフレの時代に入り、経済も混迷を極めていました。
このような経済的な影響が家庭にも浸透し、両親が共に働かざるを得ない状況になってしまいました。
よって、子供の将来を願って、勉強に打ち込める環境づくりをすることが難しくなり、子供への教育のウエイトは少なくなってきたのです。
その結果、人々との間の格差が広がり、それが益々広がろうとしています。
そこで、最も重要なのが、国がサポートして子供に良い環境を与えることです。
子供は未来であり、良い子供たちを育てることこそ、この国の発展につながるのです。