日本の教育事情について

日本の教育は詰め込みだという批判を持っている人は少なくありません。
しかし、実際はそうではないのです。
確かに受験勉強のシーズンは暗記に従事してしまうかもしれません。
ですがそれは一過性のものです。
常に暗記だけの勉強などをする必要はありません。
実際に勉強をするときに大切なのは理解することです。
理解をすると言うことはどういうことなのかと言うと難しくなりますが、それは知識が連続性を持ってなめらかにつながっていることと言えます。
いきなり突発的なアイデアが出てくることはありません。
小さなことからなめらかに知識をつなげていくことで大きなことを理解できるのです。
これを無視していきなり難しいことをしても上手く行きません。
それで無理をして点を取ろうとするとただの暗記になってしまいます。
受験業界は短期間で点数を獲得させるような試みを取ろうとしています。
しかし、教育者はそうではなくなめらかな知識を育てるようにすることが大切なのです。