日本の教育水準、制度の高さについての考察

現在の日本の教育水準は非常に高く、制度としても良く出来ている制度だと感じています。
小学校、中学校の義務教育を経て、高校、大学への進学も大部分の人が受けていますし、小学校は上がる前には幼稚園や保育園等に行っている人も大部分だと思います。
幼稚園や保育園の幼児期は同年代の人達との接し方や生活のために必要なルールを学び、小学校、中学校では社会生活をおくる上での最低限の基礎知識を学び、高校では基礎知識の応用や知識の幅を広げる事、専門的な知識を習得するためのベースとなる知識、幅広い選択肢の中からの興味や特性を活かすための方法を学び、大学では専門的、研究的な学識、知識を学べます。
受ける側の制度としては充分に整った制度となっているので、後は受ける人の認識、行う人の技量、受けさせる人の補助・援助によって、個々の能力が開花する事になります。
今後も現行の制度を維持しつつ、世に優秀な人材をおくりだせるよう願っています。